肥料とエアレーションの効果

施肥の有無でどれくらい芝生の成長に差が出るのか。エアレーションの有無は芝生にどれくらい影響があるのか。庭の一部を区分けして、実際に検証してみました。検証内容の詳細は下記の通りです。施肥、エアレーション共に2週間に1度のペースでやります。検証の経過報告はこのページ下部にあります。






施肥とエアレーションの実験内容

エアレーションと施肥3 エントランスの踏み石より手前のスペースで芝生のエアレーションと施肥の実験をします。
エアレーションと施肥4 赤く色がついた部分にエアレーションをします。
エアレーションと施肥5 黄色い部分が施肥をするところです。
エアレーションと施肥6 このように4つのゾーンができますので、それぞれの成長具合を比較できます。
(1)何もなし
(2)エアレーションのみ
(3)施肥のみ
(4)エアレーションと施肥
エアレーションと施肥9 施肥は「芝ドクターG」を使いました。100%有機質肥料なので多少臭いがあります。

施肥とエアレーションの実験の経過報告

3月15日から実験を開始して約2ヶ月が経過し、施肥をした部分と施肥をしなかった部分がはっきりと視認できるくらい差が出ました。芝生の萌芽期に施肥をしてやることで、これだけの差が出ることになります。労力が一番報われる作業かもしれません(芝生の見た目という意味で)。
エアレーションは目で確認できる違いは出ていません。見た目からすると労力が報われない作業(しんどい割りに芝生の変化が顕著に見られない)かもしれませんが、芝生を健康に保つためには定期的なエアレーションが必要です。実験ではエアレーションを月2回のペースでやりましたが、実際には月1回~2ヶ月に1回くらいのペースでも大丈夫でしょう。

下記の経過報告は新しい順に並んでいます。下からご覧いただくと芝生が変化していく様子が分かると思います。

エアレーションと施肥の経過報告14 2008年10月13日(月)
新芽が出ることもなくなり、芝生の密度も落ちてきました。いよいよ刈り止め近しです。
エアレーションと施肥の経過報告13 2008年09月08日(月)
バロネスの肥料散布後ほぼ1ヶ月たちました。芝生の勢いはそろそろピークを越えようとしています。
エアレーションと施肥の経過報告12 2008年08月02日
メネデールが効いたのか、全体に青みが強くなりました。
エアレーションと施肥の経過報告11 2008年07月14日
液肥(メネデール芝肥料)を全面散布しています。
エアレーションと施肥の経過報告10 2008年06月24日
ほぼ全体が揃いました。
エアレーションと施肥の経過報告9 2008年06月04日
雨と晴天のバランスが良かったせいか、思っていたより早く全体が揃ってきました。
エアレーションと施肥の経過報告8 2008年05月27日
施肥をしていなかった部分も芝生が密になってきました。手前側の人がよく歩くところは成長が遅いです。
エアレーションと施肥の経過報告7 2008年05月12日
実験終了後施肥をしていなかった部分にも肥料を散布しました。いいタイミングで雨も降ってくれましたので、全体的に緑が強くなりました。
エアレーションと施肥の経過報告6 2008年05月06日
施肥をした部分がはっきりと分かるようになりました。エアレーションは視認できるような差は出ていません。そろそろ全体を緑にしたいという欲望を抑えられなく(笑)なってきましたので、この実験はこれで終了とします。
エアレーションと施肥の経過報告5 上の写真と同日に撮影。至近距離からの芝生の違いを比較してみました。左が施肥無し、右が施肥有りです。芝の密度と色合いが全然違います。
エアレーションと施肥の経過報告4 2008年04月26日
施肥をした部分とそうでないところの差が、だいぶはっきりしてきました。
エアレーションと施肥の経過報告3 2008年04月15日
全体的に芝生が色づいてきました。やや肥料を散布した部分の成長が早いかなという感じです。エアレーションのみの所は違いがはっきりしません。
エアレーションと施肥の経過報告2 2008年03月29日
今シーズン2回目の施肥とエアレーション。まだ目立った違いは出ていません。
エアレーションと施肥の経過報告1 2008年03月15日
今シーズン1回目の施肥とエアレーション。