雑草ヒメクグ VS. インプールDF

しつこい雑草ヒメクグ絶滅作戦その2です。前回は非選択性の除草剤を塗布してみましたが、芝生も一緒に枯れてしまうのと、根絶やしにできなかったので、あきらめました。今回は「インプールDF」という選択性除草剤を使用し、ヒメクグが根絶できるかどうかの実験です。検証結果はページ下部にあります。





インプールDFを散布

インプールDF これがインプールDFです。葉から浸透して根まで枯らす「茎葉処理」と、発芽を抑制する「土壌処理」の機能があります。イネ科の植物にはほとんど効きませんので、時期を気にせず散布できます。ヒメクグなどのカヤツリグサ科以外にも、広葉雑草に幅広く効果があります。
インプールDFで効果のある雑草は次の通りです。

雑草名
キク科 オオアレチノギク・セイヨウタンポポ・ノボロギク・ヒメジョオン
ヒメムカシヨモギ
カヤツリグサ科 ヒメクグ・ハマスゲ
カタバミ科 カタバミ
シソ科 ヒメオドリコソウ・ホトケノザ
スベリヒユ科 スベリヒユ
トクサ科 スギナ
ナデシコ科 オランダミナミグサ・ツメクサ
マメ科 カラスノエンドウ・シロツメクサ

 

インプールDF散布後の経過報告

経過報告は日付の新しい順に並んでいます。

2009年06月06日(土) 散布から70日経過

ヒメクグの発芽は確認されていません。もう全滅したと考えていいのではないかと思います。散布から2か月以上が経過し土壌処理の効果が衰え始めたせいか、カタバミやツメクサ、タンポポなどの広葉雑草が確認されるようになってきました。

カタバミやアカカタバミが所々確認できます。しかし、例年ほどの繁殖ではありません。
ツメクサも3か所ほど生えているのを確認しました。こちらも去年のように悩まされるほどではありません。

2009年05月13日(水) 散布から46日経過

ヒメクグの発芽は確認されず。例年今頃悩まされるツメクサやカタバミも、全くと言っていいほど生えてきません。土壌処理効果がよく効いているようです。土壌処理効果は2~3か月ですので、まだ2~3週間ほどは効果が期待できそうです。その頃にはさらに芝生が密になっているでしょうから、雑草も生えにくくなるでしょう。

カタバミは完全に朽ちて無くなってしまいました。芝生が生えそろってくれれば、雑草があった痕跡すら無くなりますね。

2009年4月26日 散布から29日経過

ヒメクグは今のところ新芽は確認できていません。カタバミとタンポポもほぼ壊滅状態。しかし、チチコグサと思われる雑草は復活の兆しを見せています。シンジェンタの雑草ポケットブックオンライン版によると、「チチコグサはSU系除草剤に対して感受性が低い」そうです。インプールDFはスルホニルウレア系(SU系)の除草剤ですから、その通りの結果になりつつあります。さすがプロが利用する業者の情報は中身が濃いですね。

カタバミは朽ちるのを待つばかりの状態です。

去年はびこったツメクサは、生えているものは黄色くなっています。生えてくる数も去年より少ないです。

チチコグサの仲間と思われる雑草。しおれてきているように見えましたが、復活してきています。インプールによる駆除はあきらめて、手で抜き取りました。

2009年4月18日 散布から21日経過

新たに広葉雑草が生える様子は無く、土壌処理効果がよく効いているようです。例年ならこの時期は雑草がじゃんじゃん生えてくるはずなので、すごく楽です。

ヒメクグの新しい芽は今のところ確認できません。できればこのまま根絶してほしい。

アカカタバミもかなり枯れてきました。MCPPやザイトロンなら散布翌日には枯れ始めますが、インプールはじわじわと効果が現れるようです。

チチコグサの仲間と思われる雑草。芝刈りで刈り取られてしまっていますが、かなりしおれてきています。

タンポポは朽ち始めました。

2009年4月13日 散布から16日経過

順調にインプールの効果が現われています。芝生にはまったく薬害が発生している様子はありません。イネ科にはほとんど影響が無いですから、そういう面では安心して使える除草剤です。

ヒメクグの地上部はほとんど枯れてしまいました。

ここもヒメクグがほぼ枯れています。駆除しきれていない地下茎から発芽する可能性がありますが、その時はスポット散布で対応します。3回散布すればほぼ全滅するそうです。

カタバミも変色しはじめました。
土壌処理が効いているせいか、カタバミなどの広葉雑草が新たに発芽する様子はありません。

チチコグサの仲間と思われる雑草も、かなりしおれてきました。インプール散布後は成長が止まっているようです。

タンポポは枯れるのを待つばかりといったところでしょうか。

ツメクサも黄色く変色しているものがたくさんあります。ツメクサは抜きにくく除草剤も効きにくいやっかいな雑草です。こいつも一網打尽にできれば言うこと無しです。

2009年4月3日 散布から6日経過

ヒメクグの葉が黄ばんで弱ってきています。

ヒメクグの地上部には確実に効果が現われていますが、問題は地下茎。地下茎までしっかり浸透して枯れてくれないと根絶はできません。

カタバミにはまだほとんど影響らしきものが見当たりません。先の方の葉がやや変色しているかな?という程度です。

これはチチコグサの仲間だと思いますが、まだ顕著な影響は確認できません。やや葉がしおれている感じでしょうか。

タンポポは葉が変色し、花が完全に枯れてしまいました。キク科の雑草には効果抜群のようです。

2009年3月28日

インプールDFを全面散布。

参照→「雑草ヒメクグ対策でインプールDF散布

2009年3月24日

ヒメクグの発芽を確認しました。

種が飛んだのでしょう。去年とは違うところにも発芽しています。やはりインプールDFの全面散布をしないと駆除できそうにありません