メヒシバの出穂注意報  2017年08月27日(日)

お盆も過ぎ、日照時間が短くなってきたのが顕著に体感できるようになってきました。姫高麗芝の葉枯病は治りもしないが悪化もせずといった感じ、ケンタッキーブルーグラスのリセット計画は確実に進行中です。






メヒシバの出穂注意報

先週除草剤を散布したKBGは、ほぼ全面的に枯れてきました。カタバミはあっという間に枯れましたが、KBGや侵入していた姫高麗芝はやや時間がかかりました。

除草剤散布から1週間経過した今も、KBGのエリアに侵入していた姫高麗芝がほんの少しだけ生き残っています。リセットする前には確実に枯らしておかないといけませんから、今後の様子次第ではもう一度除草剤散布を考えています。

姫高麗芝の芝刈り前の様子。モフモフです。抜き取りきれていないメヒシバが増殖しはじめていましたので朝水やりの後に草取り。出穂し始めていますから、メヒシバが生えているようでしたら早めの対処をお勧めします。

姫高麗芝の芝刈り後の様子。今日は15時すぎてから芝刈りをしたのですが、この時間帯はカーポートの陰になって様子が分かりにくいですね。いつもなら土曜の夕方に芝刈りをして、日曜の午前中に写真を撮ってアップするという感じですが、今週はやぼ用があってタイミングがずれました。

姫高麗芝は肥料不足(チッソ不足)と思われる状況が顕著になってきましたので、硫安、スーパー・ポリ・スピリット、ハード葉素1号を1000倍で混合散布しました。

ケンタッキーブルーグラスを枯らしたら、その後はベントグラスに切り替えます。その前に確実に今の芝草と雑草を枯らしておく必要があります。この際ですから害虫対策も完璧にしておきたいので、来週ぐらいにはスミチオンで処理をする予定です。

姫高麗芝は、秋の施肥をこれから本格化させる予定です。






■過去の日記はこちらからご覧いただけます。
芝生のお手入れ日記(旧サイト)