芝生が根付くまでのポイント

芝張りが終わるとそこから本格的な芝生の手入れがスタートします。まずはできるだけ早く根付かせることが重要です。根付くまでの間に気をつけたいポイントについて解説します。




根付くとはどういうことか

切り芝(ソッド)は圃場から切り出される際に根をカットしますので、非常に根が短くなっています。芝張り後に新しい根が成長し、土壌にしっかり根が入り込むと切り芝を引っ張ってもはがれなくなります。これが芝が根付いた状態です。活着(かっちゃく)とも言います。根付いた芝は栄養吸収力が高まり、その後の成長も勢いづきます。 暖かい時期なら2週間もあれば根付くでしょう。


初期の水切れに注意

芝生に散水

芝張り後、最も気をつけたいのは水切れです。根が短い分、水分吸収力が弱いですから、表面が乾いていたらたっぷり水やりをします。散水は朝が基本です。

散水間隔の目安は、2月は3~4日に1回、3月は2~3日に1回、4月は1~2日に1回、5~9月は毎日(夏は場合によっては朝晩)、10月は1~3日に1回、11月は2~4日に1回、です。気温が高いほど散水間隔を短くする必要があります。また、雨が十分降った場合は散水は必要ありません。気温や気候を見ながら判断してください。

根付いたのが確認できたら、徐々にペースを落としても大丈夫です。少量の水を頻繁に与えますと、土壌の浅い部分の水を求めて根が深くまで成長しにくくなりますので注意してください。芝生の水やりは本当に奥が深いです。


できるだけ芝生に立ち入らない

芝生と黒柴

芝生が根付くまでの間は、なるべく立ち入らないようにしてください。歩くことで切り芝がずれ、根付きが遅くなることがあります。立ち入る場合は、芝生をずらさないようにそっと歩いてください。お子さんやワンちゃんが走り回るのは厳禁です。


芝張り後に適さない資材の散布は控えましょう

早く成長して欲しいからといって肥料を大量に与えますと、せっかく新しく成長しかけた根を傷めてしまうことあります。また、肥料以外の資材でも初期成育には使わない方が良いものもあります。製品の説明書をしっかり読んで、芝張り後に適した資材かどうかをチェックしてから施用してください。土作りの段階で良質な堆肥や元肥が入っているなら、当面は散水だけでも十分成長するでしょう。

管理人がお勧めする芝張り直後に適した資材

芝張り直後は「発根を促す」資材がお勧めです。

・活根彩果(かっこんさいか)

農作物の植え付け直後に使われる発酵向上資材です。アミノ酸もしっかり入っていますから、元肥を入れていない、もしくは少なめにした場合にお勧めの資材です。

・アルムグリーン

肥料成分はほとんど入っていませんので、元肥をしっかり入れている場合はこちらがお勧めです。農薬登録されていることでも分かるように、植物調整剤として発根の効果は農水省のお墨付きです。農薬登録されていますが、薬品成分は使われておらず、原料は人にも使用できるレベルの漢方です。