9月の芝生のお手入れ

9月に入ると芝生の勢いがほんの少し衰えてきます。といっても、ほったらかしておいていいというレベルではありません。刈り込みや施肥、水やりなどをきちんとやっておく必要があります。手間をかければ、その分きれいな芝生を長く楽しむことができます。








芝生の雑草

雑草は相変わらず生えますのでこまめに抜いてやりましょう。特にメヒシバは実をつける時期になりますので、種を落とす前に抜いてやる事が大切です。引き続き残暑で気温の高い日が続きますので、除草剤の薬害には注意してください。

芝生の水やり

温暖化傾向にある近年、9月でも猛暑が続きます。8月と同じように1~2日に1回は水をやった方がいいでしょう。気温が下がり始めたら少し頻度を落としても大丈夫でしょう。芝生の様子を見ながら調整してください。

芝生の芝刈り

7~8月よりは若干勢いが衰えるますが、それでもまだまだ旺盛に成長します。週1回程度のペースを維持しながら、伸びすぎないよう調整してください。

芝生の施肥

用量の範囲内で肥料を与えます。肥料には、毎月与えるもの、隔月で与えるもの、月に2~3回与えるものなど、さまざまなタイプがあります。説明書をよく読んで、用量を守ってください。即効性を求めるなら、粒状のものではなく液肥にした方がいいでしょう。粒状肥料を散布したときは、必ず水をたっぷりまいておいてください。水やりをしないと芝生が肥料焼けをする可能性があります。踏まれたりして傷みやすい箇所は、肥料や水をしっかりやって生育を促してやってください。

芝生の害虫

ツトガの幼虫発生がピークを迎えます。まだらにはげるなどの被害がひどい場合は防虫剤を散布してやりましょう。スミチオンはたいていの芝生の害虫駆除に適しています。また、とうがらしエキスを定期的に散布しておき、害虫を寄せ付けないことも効果的です。