日本芝(高麗系)の10月の手入れ

10月の姫高麗芝の様子

10月は高麗芝がシーズン納めをするための準備の月です。芝生が伸びる勢いはかなり衰えてくると思います。緑を楽しませてくれた芝生が、きちんと休眠期を迎えられるよう、ありがとうの気持ちを込めてお手入れをしてやりましょう。


芝刈りの頻度

芝生の成長が衰えてきますので、週1回ペースだった芝刈りが10日~2週間に1回程度でも問題ないぐらいになります。成長具合に関しては、その年の気候や施肥、散水の頻度にも影響されますので、成長具合を見ながら芝刈りのペースを調整してください。10月下旬から11月初旬に今シーズン最後の芝刈り「刈り止め」をします。少し長めにしておくと、冬期の寒さや霜から根を保護する効果が高くなります。今シーズンも緑を楽しませてくれた芝生に感謝の意を込めて刈っておきたいですね。いつ刈り止めするかは最初から決めておく必要は無く、結果的に前回の芝刈りが最後だったという感じでも大丈夫です。難しく考えずに気楽にやりましょう。

芝刈りについて

芝生の雑草

秋は実りの季節。雑草も次の世代を残すために穂をつけているものがありますから、種を落とされる前に早めに抜き取って起きましょう。カタバミなど手作業では抜き取りが難しいものは、除草剤で駆除することをお勧めします。気温が低くなってきますので、除草剤の薬害のリスクも低くなります。除草剤にはそれぞれ効く雑草と効かない雑草がありますから、どの雑草に効くのか、どのような効き方をするのかをよく理解して目的に合ったものを選らんでください。

芝生用除草剤について

芝生の水やり

気温もだいぶ下がってきますので、様子を見ながら頻度を落としてください。どんどん生育させる時期と違い、芝生を落ち着かせる時期ですので、水やりもそれなりのペースになります。雨が適度に降る場合は、ほとんど散水は必要なくなるでしょう。芝生の水やりは最も奥が深い手入れと言っても過言ではありません。芝生の様子を見ながらコントロールしてください。

芝生の水やり・散水

芝生の施肥

使用している芝生用肥料の用量の範囲内で肥料を与えます。肥料には、毎月与えるもの、隔月で与えるもの、月に2~3回与えるものなど、さまざまなタイプがあります。説明書をよく読んで、用量を守ってください。粒状肥料を散布した後は、必ず水をたっぷりまいておいてください。水やりをしないと芝生が肥料焼けをする可能性があります。

この時期の施肥は、秋の緑化期間の延長と、来春の立ち上がりに影響します。芝生の勢いが衰えるに従って興味も薄れてくるじきですが、来年のためには非常に重要な時期でもありますので、最後までしっかりと手入れをしてあげましょう。

芝生の肥料について

芝生の病気

夏の間猛威をふるったカーブラリア葉枯病(ヘルミントスポリウム葉枯病)は、気温低下とともに徐々に落ち着いてきます。ただし、雨や夜露が多かったり、無風の日が多い場合は、病状が悪化することがありますので油断しないでください。殺菌剤で対応する場合は、ロブラール水和剤、芝美人フロアブル、モノクタジンフロアブル、タフシーバフロアブル、グラステン水和剤などが有効です。この病害に関しては、今のところ無農薬で発症を抑制するのは難しく、発症はするけど時期が過ぎれば修復可能というレベルです。

気温低下に伴いラージパッチが発生しやすい季節になります。葉枯病ほどは怖くない病気ですが、非常に定番的に発生する病害ですから、発生確率は高いでしょう。この病害の特徴としては、雨や多湿になるとパッチ周辺部が赤やオレンジ色に変色することです。比較的判別しやすい病害です。対処方法としては、無農薬の場合はスーパーグリーンフードによる微生物の投入、スーパー・ポリ・スピリットでカリを吸収させることで生理移行を促進することが有効です。殺菌剤を使用する場合は、バリダシン液剤、芝美人フロアブル、モノクタジンフロアブル、タフシーバフロアブルなどが有効です。農薬を使用する場合は、使用上の注意をよく読んだ上で正しく使用してください。

また、春に発症する春はげ症やゾイシアンディクラインといった病気は、秋に罹患します。ですので、この時期に殺菌剤で対処しておかないと、春に発症してからの対処は効果があまり期待できません。毎年春に芝が生え揃わない、パッチ状に生えてこないなどの症状がある場合は、10月から11月にかけて殺菌剤を散布しておきましょう。
対応する殺菌剤は、芝美人フロアブル、モノクタジンフロアブル、タフシーバフロアブルなどがあります。

芝生の病害対策・予防

芝生の害虫

成育が衰える時期に根を食い荒らされると、来年の立ち上がり時期に影響することがあります。密度の低下や部分的に冬枯れのように枯れるなど、害虫の食害と思われる症状が発生したら、早めに殺虫剤(スミチオン)で対処しておきましょう。害虫によって潜んでいる場所(深さ)が異なりますので、一番深いところにいるコガネムシの幼虫を狙って散布しておけば、浅いところにいる害虫も一網打尽にできます。スミチオンですと、1000倍希釈液を3リットル/m2になります。説明書をよく読んで使用してください。

予防的な対処をする場合は、オルトランなどの浸透性殺虫剤を使用します。浸透性殺虫剤は、芝生に薬剤が浸透することによって、それを食べた害虫が駆除されます。食毒性ですから害虫に直接かかっても駆除できませんのでご注意ください。

芝生の害虫対策

着色剤で冬も緑に

冬も緑を維持する方法のひとつに、着色剤による施工があります。着色剤は芝生の葉が退色する前に塗布する方がより効果が高くなります。10月下旬ぐらいから月1回ペースぐらいで着色をすると、冬も緑色の芝生が楽しめます。着色剤を塗布する場合は、きめの細かいミストを出せる噴霧器を使用しましょう。粗いミストは着色効率が悪いため、散布量ばかり増えて着色が不十分になることがあります。細かいミストによって葉にしっかり付着させることが秘訣です。

関連ページ:芝生用着色剤




寒地型西洋芝の10月の手入れ

10月のケンタッキーブルーグラスの様子

春ほどではありませんが、寒地型西洋芝が旺盛に成長し美しくなる時期です。夏の痛みからの再生を促して、冬の寒さに備えてください。


芝刈り

成長が旺盛になったら芝刈りのペースを上げます。週2回を目安にしてください。

水やり

週2~3回を目安に散水します。秋雨前線が活発になるようでしたら散水はほぼ不要になります。多湿になると病害発生リスクが高まりますから、多すぎにならないよう適度に調整してください。

肥料

粒状肥料(固形肥料)を説明書通りに与えます。肥料によって散布時期やタイミングが異なりますので、説明書の通りに散布してください。応用的な使い方ができる方は様子を見ながらタイミングや量を調整してください。

修復を促すために、光合成を促進する成分の入った液体肥料を併用すると効果が期待できます(ケイ酸、カルシウム、鉄、苦土、カリ、ミネラル)。発根向上資材の併用も成長促進効果があり、修復を促します

病気

■発生の可能性がある病害
いもち病、さび病、ダラースポット病、立ち枯れ病、ドライスポット(*)、ピシウム病、フェアリーリング病、ヘルミントスポリウム葉枯病、炭疽病、細菌病

*ドライスポットは砂をメインにした床土で発生しやすい症状です。

害虫

11月ごろまでは常に何らかの害虫が存在している可能性があることを前提に対処してください。発生数が多い場合は被害が大きくなりやすく、芝生の再生も阻害されますので、早めに対処しておきましょう。部分的に枯れる、密度が低下する、地上部分がポロポロ取れるなど、害虫の食害と思われる症状が発生したら即効性のあるスミチオンなどを散布して駆除しておきましょう。予防的な薬剤散布をする場合は、食毒性のオルトランやダイアジノンを使用します。食毒性の殺虫剤は、薬剤が芝生に浸透することによってそれを食べた害虫が殺虫されます。食毒性の殺虫剤は薬が触れて殺虫するものではありませんので、薬剤の特徴を理解して使用してください。