芝生の害虫対策について

春や秋の心地よい季節になると、昆虫たちの活動も活発になります。芝生の害虫も成長するために芝生を食い荒らし、大量に発生すると広範囲に枯れることもあります。芝生の害虫対策は、「害虫が寄り付きにくい環境」を作ることがポイントになります。





芝生を食い荒らす害虫たち

芝生の代表的な害虫には、次のようなものがいます。

コガネムシの幼虫 ◆コガネムシの幼虫
芝生の根の先端あたりに生息し、根を食い荒らします。被害がひどくなるとシバが簡単に抜けたりはがれたりします。コガネムシの種類は豊富ですので、微妙に容姿の異なる幼虫が存在することもあります。
コガネムシの蛹 ◆コガネムシの蛹
この後成虫となって地表に出て飛び立ちます。
シバツトガの幼虫 ◆シバツトガの幼虫
葉を食害するのでまだらに枯れる。多発すると広範囲に枯れる。
スジキリヨトウの幼虫 ◆スジキリヨトウの幼虫
ゴルフ場のラフなどのように比較的刈り高の高い所でよく見られます。葉先を好んで食べるため先端部分が白く枯れる。芝刈りしたわけでもないのに葉先が白く枯れている場合は、ヨトウの食害が疑われます。
スジキリヨトウの幼齢虫 ◆スジキリヨトウの幼齢虫
スジキリヨトウの幼齢虫は青虫のような外観をしています。
ヨトウと思われる卵塊 ◆ヨトウと思われる卵塊
ヨトウのものと思われる卵塊。早めに除去しておくと発生を防げます。
ナメクジ ◆ナメクジ
芝生に直接害を与えることはありませんが、芝生を這いまわるとキラキラ光る筋が付いたり、存在自体が気持ち悪いという不快害虫となります。ミミズと同じく椿油粕の定期散布で駆除します。
蟻 ◆蟻
蟻も芝生に直接害を与えることはありませんが、巣を掘った土を盛り上げてしまうため不快害虫になります。キトサン溶液など酢酸を含む資材を定期散布すると、蟻が住み着きにくくなります(酢酸の効き目がほとんど無い種類もいます)。
これらの他にも、シバオサゾウムシの幼虫やタマナヤガの幼虫など様々な害虫が存在します。早めに見つけて被害が大きくならないうちに駆除、もしくは害虫が発生しにくい環境作りが大切です。

害虫発生のチェックポイント

害虫が発生した時は、上記のような幼虫が地表に出ているのを見つける以外にも様々な確認方法があります。害虫の発生に早く気付くほど被害を小さく抑えられます。

まだらに枯れた芝 ◆食害でまだらに枯れる
水不足や肥料不足でもないのになんとなく枯れ始めてまだら模様になると、害虫の食害の可能性があります。
コガネムシの穴 ◆害虫が空けた穴
写真はコガネムシが空けたと思われる穴。幼虫の仕業か、それとも成虫の仕業かは分かりませんが、存在していることは確かです。
芝生の害虫の痕跡 ◆食害の痕跡
芝生を観察していると、ちょっとした芝生の変化に気付くことがあります。写真は食害による変色が発生した時のものです。
害虫に食べられた芝は簡単に抜ける 食害と思われる部分を軽く引っ張ったり引っ掻いたりすると、簡単に取れてしまいます。
食害付近に存在する害虫 食害付近をほじくり返すと害虫が出てくることがあります。
芝生をはがす ◆芝生をはがしてみる
ターフカッターで20~30センチ四方ぐらいに切れ目を入れてはがしてみると、根の先端ぐらいの深さにコガネムシの幼虫などが確認できることがあります。
芝生の害虫を食べに来た鳥 ◆芝生の害虫をエサとする鳥
芝生の害虫を食べるために鳥が舞い降りてくることがあり、害虫が発生していることが予測されます。
鳥がついばんだ穴 鳥が害虫をついばんだと思われる穴。害虫が空けた穴は掘り返した土がありますが、鳥がついばんだ穴にはそれがありません。
スミチオン ◆農薬を散布してみる
農薬の使用に抵抗が無い方は、スミチオンなどの殺虫剤を散布して確認するのも手です。害虫がいた場合は地表に出てきて死滅しますから、害虫の確認と駆除が同時に済みます。




農薬を使わずに害虫対策をする

芝生が害虫の被害に遭いにくくするには、害虫にとって「おいしくない芝生」にすること、害虫が発生しにくい状況を作ることがポイントになります。植物はたんぱく質を合成して生きていますが、その過程で発生する遊離アミノ酸や糖などの昆虫のエサとなる成分が蓄積されると食害に遭いやすくなります。土壌が悪かったり、肥料の過不足、天候不良、環境不良などで健全成長が阻害されると、遊離アミノ酸や糖などが蓄積されやすくなります。光合成を促進してたんぱく質の合成を促すことで害虫が寄り付きにくい芝にすることができます(トロフォビオーゼ理論参照)。また、害虫忌避剤や照明を工夫するなどして、害虫が寄り付きにくい環境にすることも大切です。

光合成を促進する資材 ◆光合成を促進する
たんぱく質の合成を活発にするには、光合成が活発であることが必須です。光合成や生理作用を促進する肥料成分を意識しながら、必要な要素をバランスよく与えます。ケイ酸を与えると光合成の効率を飛躍的に向上させる「ケイ化細胞」が増えます。カリはたんぱく質が合成される過程(プロテオシンテゼ)を促進します。葉緑素を作る鉄や葉緑素の重要な構成成分であるマグネシウム(苦土)も欠かせません。それ以外にも間接的に関わる要素がありますので、チッソ・リン酸・カリの三大要素だけでなく、微量要素までバランス良く肥料を与えることが重要になります。できれば多種の微量要素を含んだ有機資材を活用したいところです。
また、アミノ酸や有機酸を含んだ資材の活用も有効です。植物の肥料吸収や根張りを旺盛にし、軟弱になりがちなチッソ過多を防ぐ役割があります。
管理人が愛用している資材で光合成促進に関わる資材には次のようなものがあります。

・万緑-NHT(ケイ酸、鉄、苦土、アミノ酸など)
・エンザアミン(アミノ酸肥料)
・スーパーグリーンフード(ケイ酸、各種微量要素、アミノ酸など)
・スーパーポリスピリット(硝酸カリ、苦土)
・ハードバン(ケイ酸、カリなど)
・有機酸酵素EX(カルボン酸、タンパク合成酵素、アミノ酸など)
・その他微量要素資材など

上の写真は万緑-NHTとエンザアミンですが、これらとスーパーグリーンフードの組み合わせで施肥と病虫害予防のベース作りをし、その他の資材を組み合わせて相乗効果を狙っています。

エアレーションで土壌改良

◆土壌環境を改善する
植物の健全な生育には土壌環境の改善も欠かせません。土壌の性質は「物理性」「化学性」「生物性」で表しますが、それぞれが植物にとって快適な環境になることが重要です。物理性は主に透水性や通気性、化学性は保肥力、生物性は土壌中の生物の多様性に関わります。芝生では、エアレーションやスライシングなどの物理的な作業をしながら資材投入することで物理性の改善(団粒化)をします。有機資材やサッチ分解剤は化学性(保肥力)の改善につながります。微生物資材や有機資材によって直接微生物を投入したり微生物を多様化することで生物性の改善につながります。(写真はエアレーションをしている様子)


サッチングで害虫のすみかを減らす
◆害虫のすみかを減らす
シバツトガのようにサッチ層にツト(すみか)を作って生息する害虫もいますので、サッチをできるだけ減らしておくことも害虫対策になります。サッチングや万緑-NHTなどのサッチ分解剤を使用することでサッチを減らすことができます。



害虫忌避剤アルムグリーン
◆害虫忌避剤を使う

忌避剤を使用して害虫が寄り付きにくくすることも害虫対策になります。管理人は漢方資材のアルムグリーンやアルム凛を主に使用しています。アルムは根張り向上や有機酸やアミノ酸による植物活性化、キノコ対策でも活躍します。トウガラシエキスやニンニクエキスなども害虫忌避剤として活用されています。


庭園灯をLEDに交換する
◆庭園灯をLEDに交換する

害虫は夜行性の種も多く、走行性(光に集まる性質)があります。光っているものなら何でもいいわけではなく、紫外線を好むようです。電撃殺虫器の電灯が青色をしているのはそのためです。LEDの電球は紫外線をほとんど出さないため、庭園灯をLEDに交換しておくことで害虫が集まりにくい環境にすることができます。最近は密閉器具対応のLED電球もありますので、害虫対策の一つとして検討してみる価値はあると思います。
管理人宅では、2009年に殺虫剤を使用したのを最後に、それ以降は害虫に関しては無農薬で維持しています。ある程度は害虫の食害が発生していると思いますが、許容範囲に収まっていると認識しています。

農薬で害虫を駆除・予防する

害虫の被害がひどい場合は、殺虫剤を使用することをお勧めします。殺虫剤には、薬が触れたらすぐに殺虫する「接触性」のタイプと、植物に浸透してそれを食べた害虫を殺す「浸透性」のタイプがあります。すぐに殺虫したい時は、スミチオンなどの接触性の殺虫剤を使用してください。予防にはオルトランなどの浸透性の殺虫剤を使用します。