休眠が最も深まる1月の手入れ

1月は一番休眠が深まる時期ですので、ほとんど手入れの必要はありません。雑草対策をしておくと、春の手入れが楽になります。霜が降りたときには芝生をあまり踏まないようにしてください。休眠している根が傷むことがあります。





雑草対策

スズメノカタビラなどの冬雑草が発芽します。早めに抜き取るか除草剤で防除してください。シバゲン(広葉雑草とイネ科雑草・土壌処理効果有り)、インプール(広葉雑草用・土壌処理効果有り)、アージラン(イネ科雑草用・土壌処理効果少)、MCPP(広葉雑草用・土壌処理効果無し)などがあります。

■除草剤選びのポイント
除草剤には「茎葉処理」と「土壌処理」の2タイプがあります。「茎葉処理」は茎や葉から薬を吸収させて枯らすタイプで、生えている雑草を駆除します。大きくなってしまった雑草には効きにくいことがありますので、発芽を確認したら早いうちの処理が望ましいです。「土壌処理」は発芽を抑制する効果があります。土壌に浸透した薬剤が数ヶ月に渡って雑草の発芽を抑制しますので、生えてこない環境を維持できます。
イネ科から広葉雑草まで幅広い適用があり、なおかつ茎葉処理も土壌処理も可能なシバゲンDFがお勧めです。

芝刈り

必要ありません。

水やり

春に「春はげ症」や「立枯病(ゾイシアディクライン)」などの乾燥系の病害が慢性的に発症するようなら、冬も乾燥しすぎないように散水しておくとよいでしょう。

施肥

一番休眠が深まる時期ですので、肥料を与える必要はありません。

病虫害対策

病虫害の心配はありません。