1月の芝生の手入れ

1月は一番休眠が深まる時期ですので、ほとんど手入れの必要はありません。雑草対策をしておくと、春の手入れが楽になります。霜が降りたときには芝生をあまり踏まないようにしてください。休眠している根が傷むことがあります。

続きを読む

 

2月の芝生の手入れ

2月もまだ芝生は休眠していますが、そろそろ起こす準備をしても良い時期です。芝生を活性化するための更新作業を行って春の萌芽を促すと、立ち上がりが早くなってシーズンを長く楽しめます。管理人は2月下旬に更新作業を行っています。

続きを読む

 

3月の芝生の手入れ

3月上旬から姫高麗芝の芽出しが本格化します。2月に更新作業をしていない場合は、早いうちに行っておくと良いでしょう。更新作業の詳細については、2月の芝生のお手入れをご参照ください。

続きを読む

 

4月の芝生の手入れ

4月に入ると緑化が一段と進みます。気温が上昇するのにつれて、病原菌や害虫の活動も活発になりますので、病虫害の心配も出てきます。病虫害の発生しにくい環境作りが大切になります。

続きを読む

 

5月の芝生の手入れ

5月になるとほぼ全面的に新芽が生えそろい、芝生のグリーンを目で楽しめる時期に入ってきます。と同時に、芝刈りスタートの時期でもあります。芝生の成長はムラができやすいですが、伸びている所を基準にして芝刈りをすれば軸刈りの心配が少なくなります。

続きを読む

 

6月の芝生の手入れ

6月になると芝生の生育が旺盛になり、本格的な芝生シーズンに入ります。また梅雨に入る時期でもあります。雨が降ると芝刈りなどの手入れができませんので、梅雨の合間の晴れ間を逃さないように芝生のお手入れをしてください。

続きを読む

 

7月の芝生の手入れ

7月はいよいよ芝生の全盛期に入ります。梅雨が明けると日差しが強くなりますので、水不足に注意しながら、こまめに刈り込みをして美しい芝生を楽しんでください。

続きを読む

 

8月の芝生の手入れ

8月はシーズン中で芝生に一番勢いがある時期です。こつこつと芝生の手入れをしてきたご褒美に、芝生が美しい姿を見せてくれます。芝生を一番楽しめる月ですので、芝刈りをこまめにやって、美しい芝生を堪能してください。

続きを読む

 

9月の芝生の手入れ

9月に入ると芝生の勢いがほんの少し衰えてきます。といっても、ほったらかしておいていいというレベルではありません。刈り込みや施肥、水やりなどをきちんとやっておく必要があります。手間をかければ、その分きれいな芝生を長く楽しむことができます。

続きを読む

 

10月の芝生の手入れ

10月は高麗芝がシーズン収めをするための準備の月です。芝生が伸びる勢いはかなり衰えてくると思います。緑を楽しませてくれた芝生が、きちんと休眠期を迎えられるよう、ありがとうの気持ちを込めてお手入れをしてやりましょう。

続きを読む

 

11月の芝生の手入れ

11月になると高麗芝の生育もほぼ止まります。芝生の色づきが衰えてくると、見る楽しみがなくなるので手入れをさぼりたくなりますが、来年のためにもしっかり手入れしておきましょう。

続きを読む

 

12月の芝生の手入れ

12月ともなると、芝生のお手入れをする事がほとんどなくなります。冬雑草を抜いておくくらいでいいしょう。しかし、このちょっとした手間が来年へとつながります。

続きを読む