4月の芝生のお手入れ

4月に入ると緑化が一段と進みます。気温が上昇するのにつれて、病原菌や害虫の活動も活発になりますので、病虫害の心配も出てきます。病虫害の発生しにくい環境作りが大切になります。








芝生の雑草対策

4月は雑草の勢いも一段と増します。油断しているとあっという間に大きくなりますので、気がついたらこまめに抜くようにしましょう。除草剤を使用する場合は、雑草の発芽を抑制する「土壌処理効果」のある製品がお勧めです。

■除草剤選びのチェックポイント
除草剤には「茎葉処理」と「土壌処理」の2タイプがあります。「茎葉処理」は茎や葉から薬を吸収させて枯らすタイプで、生えている雑草を駆除します。大きくなってしまった雑草には効きにくいことがありますので、発芽を確認したら早いうちの処理が望ましいです。「土壌処理」は発芽を抑制する効果があります。土壌に浸透した薬剤が数ヶ月に渡って雑草の発芽を抑制しますので、生えてこない環境を維持できます。
イネ科から広葉雑草まで幅広い適用があり、なおかつ茎葉処理も土壌処理も可能なシバゲンDFがお勧めです。

芝刈り

4月に入ると成長スピードが徐々に早くなりますので、必要に応じて芝刈りをします。早いうちからこまめな芝刈りを繰り返すことで、密度の上昇も早くなります。

芝生の施肥

芝生の成長が旺盛になってきますので肥料を与えます。使用する肥料によって施用量が異なりますので、説明書に従って散布してください。

芝生の水やり

ほとんど必要ありませんが、施肥をした後は土壌が乾燥しすぎないように気をつけてください。過乾燥になると土壌に溶けだした肥料が濃すぎる状態になり、根を傷めてしまうことが考えられます。

芝生の病虫害

春はげ症や立枯病(ゾイシアディクライン)などの芽出しに影響する病害がはっきりと現れ始め、ラージパッチなどの適度な気温を好む病害も発症し始めることがあります。天候不順が続いて芝生の健全成長が阻害されている時は注意が必要です。芝生の耐病性を高める「ケイ酸」や「カルシウム」「カリ」などの栄養素を与えながら、土壌に病原菌が繁殖しにくい環境を維持するようにしてください。

不快害虫のミミズも活動が活発になり始めます。孵化する時期でもあり小さなミミズも多数存在することがあります。これらが大きくなって次の世代を残さないうちに早めに駆除しておきましょう。ミミズの駆除にはサポニンを含む椿油粕や茶実粕などが効果があります。

病虫害対策については、「芝生の病害対策」「芝生の害虫対策」「芝生のミミズ対策」もご参照ください。