7月の芝生のお手入れ

7月はいよいよ芝生の全盛期に入ります。梅雨が明けると日差しが強くなりますので、水不足に注意しながら、こまめに刈り込みをして美しい芝生を楽しんでください。








芝生の雑草対策

芝生が密になると雑草が生えにくくなりますが、それでも隙を見て生えてきます。雑草が大きくなってから抜くと、芝生に穴が開いたようになりますので、できるだけ小さいうちに抜きましょう。刈り込みを小まめにやって芝生の密度が上がればより生えにくくなります。気温が高くなってからの除草剤散布は薬害が出やすくなるので注意してください。

芝刈り

刈り高20mmくらいを目安に芝刈りをします。1週間に1度くらいの頻度で芝刈りするつもりでいた方がいいでしょう。特に施肥の後はものすごい勢いで伸びます。梅雨が明けるまでは、雨で芝刈りのタイミングを逃さないよう気をつけてください。この時期はかなりの勢いで芝生が伸びますので、1度タイミングを逃すと芝生が伸びすぎになります。長くなってから一気に刈ると軸刈りになって見た目が悪くなるばかりでなく、芝生にダメージを与えてしまいます。

芝生の水やり

梅雨の雨が続くうちはほっといてもかまいませんが、梅雨があけたら1~3日おきに水をやります。水やりは少量を頻繁にやるのではなく、たっぷりやって地面にしみ込ませるのがポイントです。水やりを少量で頻繁にすると、芝生が地中の浅い部分から水分を摂取しようとしますので、根が短くなってしまいます。たっぷりやって地中深くまでしみこませ、芝生の根に水分を追わせるようにしてください。
気温が30℃を超えるようになると、水不足のサインが出やすくなります。葉が細く丸まって黒ずんできたら水不足のサインですので、水を与えてください。

芝生の施肥

用量の範囲内で肥料を与えます。肥料には、毎月与えるもの、隔月で与えるもの、月に2~3回与えるものなど、さまざまなタイプがあります。説明書をよく読んで、用量を守ってください。即効性を求めるなら、粒状のものではなく液肥にした方がいいでしょう。粒状肥料を散布したときは、必ず水をたっぷりまいておいてください。水やりをしないと芝生が肥料焼けをする可能性があります。踏まれたりして傷みやすい箇所は、肥料や水をしっかりやって生育を促してやってください。

芝生の病虫害

特に問題になる病虫害はありません。夏は一番病気の心配が無い時期ですが、定期的にキトサン溶液を散布しておけば、秋に発症する病気を予防することができます。
害虫被害も実は発生していることが多いのですが、芝生の生育が旺盛なので被害が目に付きにくいこともあります。予防的に殺虫剤かとうがらしエキスを散布しておくと、害虫の繁殖を防ぐことができます。