日本芝(高麗系)の7月の手入れ

7月の姫高麗芝の様子

7月はいよいよ芝生の全盛期に入ります。梅雨が明けると日差しが強くなりますので、水不足に注意しながら、こまめに刈り込みをして美しい芝生を楽しんでください。


芝生の雑草対策

芝生が密になると雑草が生えにくくなりますが、それでも隙を見て生えてきます。雑草が大きくなってから抜くと、芝生に穴が開いたようになりますので、できるだけ小さいうちに抜きましょう。刈り込みを小まめにやって芝生の密度が上がればより生えにくくなります。気温が高くなってからの除草剤散布は薬害が出やすくなるので注意してください。

芝刈り

刈り高15~20mmくらいを目安に芝刈りをします。1週間に1度くらいの頻度で芝刈りするのが理想です。特に施肥の後はかなりの勢いで伸びますので、梅雨が明けるまでは雨で芝刈りのタイミングを逃さないよう気をつけてください。タイミングを逃して雨が続くと芝生が伸びすぎになることがあります。長くなってから一気に刈ると軸刈りになって見た目が悪くなるばかりでなく、芝生にダメージを与えてしまいます。

関連ページ:芝刈りについて

芝生の水やり

梅雨で雨蛾よく降る場合はほっといてもかまいませんが、梅雨が明けて晴天続きになったら1~2日おきに水をやります。水やりは少量を頻繁にやるのではなく、たっぷりやって地面にしみ込ませるのがポイントです。水やりを少量で頻繁にすると、芝生が地中の浅い部分から水分を摂取しようとしますので、根が短くなってしまいます。たっぷりやって地中深くまでしみこませ、芝生の根に水分を追わせるようにしてください。

最高気温が30℃を超えるようになると、水不足のサインが出やすくなります。葉が細く丸まって黒ずんできたら水不足のサインですので、そうなる前に水を与えてください。散水不足は光合成不足やストレスを招くため、病虫害リスクが高まります。

関連ページ:芝生の水やり

芝生の施肥

用量の範囲内で肥料を与えます。肥料には、毎月与えるもの、隔月で与えるもの、月に2~3回与えるものなど、さまざまなタイプがあります。説明書をよく読んで、用量を守ってください。即効性を求めるなら、粒状のものではなく液肥にした方がいいでしょう。粒状肥料を散布したときは、必ず水をたっぷりまいておいてください。水やりをしないと芝生が肥料焼けをする可能性があります。踏まれたりして傷みやすい箇所は、肥料や水をしっかりやって生育を促してやってください。

芝生の病虫害

最高気温が30度をコンスタントに超えるようになるとカーブラリア葉枯病はやや沈静化します。ただし、今度は夜間の気温が上がって夜露が湿度を供給しますので、無風の日が続いたりすると悪化することがあります。葉枯病は無農薬では抑えきることが難しい病害ですから、気になる方は早めの殺菌剤をご検討ください。管理人は殺菌剤無しで管理しており、発症はやむを得ないが、芝生の健全性を高めることでできるだけ悪化は防ぐというスタンスです。

害虫被害も実は発生していることが多いのですが、芝生の生育が旺盛なので被害が目に付きにくいこともあります。ただし、多数の害虫が発生している場合は、密度低下や部分的な枯れが症状として現れます。被害が目立つようならスミチオンなどの殺虫剤で対処してください。あらかじめ食毒性のオルトランなどで予防しておくことも有効です。




寒地型西洋芝の7月の手入れ

7月のケンタッキーブルーグラスの様子

梅雨が明け本格的な夏を迎えると最低気温も適温を上回る熱帯夜が増えてきます。1日中適温を上回る日が増えることになりますから、寒地型西洋芝にとって最も厳しい季節に入ります。光合成は次第に低下し、根も短くなり(根上がり)成長が衰えてきます。


芝刈り

無農薬や減農薬での管理を目指す場合は、刈り高を上げることによって芝生の負担を減らし、夏越しのための養分をできるだけ蓄えさせることができます。積極的に農薬を使用する場合は、刈り高はそのままでいくか、気持ち上げるぐらいでいいでしょう。光合成が衰えてくると成長も鈍化しますので、芝刈りのペースはやや落ちるかもしれません。

水やり

梅雨が明けたら毎日散水が基本です。日が昇りきって暑くなる前に散水はすませてください。日中は蒸れますから散水は控えてください。夕方の散水は病害を助長することがありますので、仕事の都合でどうにもならない場合を除いて、できるだけ朝の散水をお勧めします。

日中にミストで散水して葉を少しだけ濡らしてやることにより、気化熱によって芝の温度を下げてやる暑さ対策もあります(シリンジング)。

肥料

粒状肥料(固形肥料)の多くは、真夏の西洋芝への施肥は休みになっているでしょう。もし説明書に散布するよう記載があれば散布しても構いません。日中の気温が上がりすぎると光合成ができなくなりますから、肥料(特にチッソ)を吸わせても生理移行がうまくいかない状態になります。芝生の体力も奪いますし、病虫害の発生リスクも高くなります。肥料を与える場合は、液肥で少しずつ与えるようにしてください。

アミノ酸、鉄、苦土、ケイ酸、カルシウム、カリ、ミネラル(微量葉素)が入った液体肥料をこまめに与えることで、芝生の体力維持が期待できます。

病気

高温多湿で体力が低下すると病害リスクが高くなります。雨天が続く状況で発病すると対処が難しい場合がありますので、症状が深刻になる前に予防資材や殺菌剤で抑制しておきましょう。

■発生の可能性がある病害
いもち病、さび病、サマーパッチ、ダラースポット病、立ち枯れ病、ドライスポット(*)、ピシウム病、フェアリーリング病、ブラウンパッチ(葉腐病)、ヘルミントスポリウム葉枯病、ほこりかび病、炭疽病、細菌病、赤焼病

*ドライスポットは砂をメインにした床土で発生しやすい症状です

害虫

11月ごろまでは常に何らかの害虫が存在している可能性があることを前提に対処してください。成長が衰える夏は回復が遅れがちになる上、発生数が多い場合は被害が大きくなりやすいですから、早めに対処しておきましょう。部分的に枯れる、密度が低下する、地上部分がポロポロ取れるなど、害虫の食害と思われる症状が発生したら即効性のあるスミチオンなどを散布して駆除しておきましょう。予防的な薬剤散布をする場合は、食毒性のオルトランやダイアジノンを使用します。食毒性の殺虫剤は、薬剤が芝生に浸透することによってそれを食べた害虫が殺虫されます。食毒性の殺虫剤は薬が触れて殺虫するものではありませんので、薬剤の特徴を理解して使用してください。

夏越し対策

1日中適温を上回る気温の日が増え、いよいよ夏越しが始まります。条件が悪いほど体内に蓄積した栄養を生存エネルギーに転換して消耗しますから、病虫害などのダメージはできるだけ発生しないように対処してください。根からの栄養吸収が弱まりますから、液体肥料による葉面散布でこまめに栄養を与えてください。