芝生の害虫や害獣トラブル

芝生が掘り起こされるのはカラスの仕業

ある日突然芝生が掘り起こされてボコボコに。管理人の自宅では写真のような被害が発生したことがありましたが、これはカラスの仕業です。雑食性のカラスは様々なものを食べますが、芝生の害虫であるコガネムシの幼虫も捕食の対象となります。コガネムシの幼虫は芝生の根の先端部分にいることが多く、それを食べるためにカラスは芝生を掘り返します。この被害はゴルフ場でも起こることがあり、やっかいな害獣被害の一つとなっています。




カラスの被害の実例

芝生をカラスがほじくり返した跡

カラスは芝生の根の先端部分にいるエサ(コガネムシの幼虫)を捕食するために、このようにほじくり返します。


カラスが芝生を掘った穴
カラスが掘った穴を近くで見ると、根の先端部分まで掘り返しているのが分かります。

カラスの被害は一見派手に見えますが、裏返った芝を元通りにして修復するとこのように被害が目立たなくなります。被害が目立つようなら成長を促進する資材や目土入れなどで修復を促してください。

関連ページ:芝生の不陸修正

カラスの被害に遭わないために

カラスの被害を防ぐためには、カラスのえさとなる芝生の害虫を抑制することが一番です。害虫が増えにくい芝生にする、予防的な農薬散布をする、害虫発生時にはタイムリーな農薬散布をするなど、カラスのえさが増えないように対処してください

関連ページ:芝生の害虫対策について
関連ページ:芝生のミミズ対策について