5月の姫高麗芝のお手入れ

5月になるとほぼ全面的に新芽が生えそろい、芝生のグリーンを目で楽しめる時期に入ってきます。と同時に、芝刈りスタートの時期でもあります。芝生の成長はムラができやすいですが、伸びている所を基準にして芝刈りをすれば軸刈りの心配が少なくなります。とくに端の方はほふく茎が密集しやすく、芝生がぐんぐん成長することがあります。芝生は上方向が刈られることにより、横へ成長しようとします。そのため、こまめに刈ることで密な芝生にすることができます。

5月もまだ目土入れは間に合います。ほふく茎が露出しているようなところがあったら、目土をかぶせて保護してやりましょう。
エアレーションを1~2か月に1回くらいのペースで行うと、芝生の活性化につながり密な芝生になります。








芝生の雑草対策

5月になると雑草の成長も旺盛になり、いろいろな種類の雑草が生えてきます。カタバミやヒメクグ、スギナなどの地下茎で繁殖するタイプの雑草は、生え始めると手作業での抜き取りでは対応しきれなくなります。地上部を取っても、根が残っているとそこから増えます。こういった雑草を駆除するには、除草剤の散布がお勧めです。除草剤には、葉や茎から吸収させて根まで枯らす「茎葉処理」のタイプと、土壌に残留して生えてこなくする「土壌処理」の2種類があります。それぞれ特徴を生かして散布してください。6月以降は日中の気温が高くなって除草剤の散布には適さないシーズンになりますし、雑草が大きくなってしまうと効かないこともありますので、散布するなら早めの方が良いでしょう。

管理人のお勧めは、イネ科から広葉雑草まで幅広い雑草に適用があり、茎葉処理も土壌処理も可能なシバゲンDFです。

芝刈り

芝生の成長が加速し始めますので、週1回ペースで芝刈りをしてください。芝刈りで縮小した葉の面積を補うため、新しい葉を出そうとします。密度があってきれいな芝生に仕上げるには、こまめな芝刈りが欠かせません。
→参照:芝刈りについて

芝生の水やり

最高気温が25℃付近になってくると、雨の降り方次第では水不足の症状が出ることがあります。天候や葉の様子を見ながら、適宜散水してください。
→参照:芝生の水やり

芝生の施肥

芝生の成長が旺盛になってきますので肥料を与えます。使用する肥料によって施用量が異なりますので、説明書に従って散布してください。一般的に「肥料」というと「チッソ・リン酸・カリ」の三大要素を指すことが多いですが、植物には多様な栄養素が必要ですので、それらが欠乏することの無いよう、有機資材や微量要素肥料などを組み合わせて散布してください。

芝生の病虫害

5月から梅雨にかけては、病虫害がひどくなりやすい時期です。特に天候不順が重なると被害が重くなりやすいですから、早めに対策を取ることが重要です。病害が発生してからの対処は後手後手になることが多いです。病虫害対策で重要なのは「芝生の健全成長」です。いかに光合成をさせて生理作用を促進させるかがポイントになります。肥料成分としては、ケイ酸やカリ、カルシウム、苦土、鉄など、光合成や健全性に関わる成分が重要になります。チッソをたくさん与えると見た目は色が濃くてきれいになりますが、その分病虫害に弱い芝生になってしまいますので、バランス良く肥料を投入してください。また、土壌環境も、定期的にエアレーションをしながら、改良資材を投入することで良い菌が住みやすい環境を作り、悪玉菌の繁殖を防いでください。

・ケイ酸
葉の表層を強くして病原菌の侵入を防ぎます。同時に、光合成の効率が10倍になると言われる「ケイ化細胞」を増やしてくれます。

・カリ
植物は生理作用が滞ると、害虫や病原菌のエサとなる遊離アミノ酸や糖が体内に蓄積されます。カリを与えると生理作用が促進されて解消されます。

・カルシウム
カルシウムは細胞を強化して耐病性を高めます。体づくりや根張りなど、多くの機能に関わる重要な養分です。

・鉄
光合成に関わる重要な栄養素です。葉の色にも影響します。

・苦土
光合成に必要な葉緑素を構成する成分です。また、葉の色を鮮やかにする働きもあります。

これらの栄養素以外にも芝生に必要な成分はたくさんありますので、チッソ・リン酸・カリだけでなく、多くの栄養素を入れられるように資材を組み合わせてください。

不快害虫のミミズも活動が活発になります。春に孵化したミミズが大きくなって次の世代を残さないうちに早めに駆除しておきましょう。ミミズの駆除にはサポニンを含む椿油粕や茶実粕などが効果があります。

病虫害対策については、「芝生の病害対策」「芝生の害虫対策」「芝生のミミズ対策」もご参照ください。